サービス付き高齢者向け住宅の看護師求人

介護施設看護師転職TOP >> 施設別の介護施設の看護師求人 >> サービス付き高齢者向け住宅の看護師求人

サービス付き高齢者向け住宅の看護師求人

サービス付き高齢者向け住宅は、バリアフリー設計の高齢者向け賃貸住宅を指します。各都道府県がサービス付き高齢者向け住宅を認可しており、社会福祉法人や民間業者が運営し、入居者に向けて様々な介護・医療サービスが提供されています。通常の賃貸住宅とは異なり、高齢者向けの設計になっているのがメリットで、介護施設と一般的な住宅の両方の特徴を持っています。また、介護施設とは違い、介護認定を受けていない高齢者の方も入居可能です。

サービス付き高齢者向け住宅は、訪問看護サービスなどと提携している施設と、看護師やスタッフが常勤している施設があります。サービス付き高齢者向け住宅は毎日安否確認が必要で、なおかつ緊急事態に対応できるようスタッフが常駐していなければならないため、スタッフが常駐する施設のほうが一般的です。このため、サービス付き高齢者向け住宅の求人を見かける機会も少なくありません。

サービス付き高齢者向け住宅は、日中のみ看護師が在籍している施設が多くなっています。他の介護施設では、24時間看護師が在籍していることも珍しくはありませんが、大半は日勤のみとなるため、夜勤が発生しないのが最大の特徴です。一部夜勤のあるサービス付き高齢者向け住宅も存在しますが、数は非常に少なく、ほとんどの施設では勤務時間が朝〜夕方頃までとなります。

このような特徴を持っているため、夜勤の無い求人を探している方には最適な選択肢と言えるでしょう。他の介護施設の場合、看護師も月に数回ほど夜勤を行うことがありますが、サービス付き高齢者向け住宅は日勤がほとんどです。ライフワークバランスが取りやすく、夜勤で体を壊すリスクもありません。夜勤を避けたい方は、サービス付き高齢者向け住宅の求人を優先的に探してみると良いでしょう。

ただし、給与水準が低めになっている施設もあるので注意が必要です。夜勤が無い分、他の介護施設よりも年収は少ないのは仕方ありませんが、基本給も施設ごとの差が大きく、同地域でも月給が数万円異なる場合もあります。雇用形態も施設により変わりますので、最低でも基本給と雇用形態はチェックしておきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅は利点と欠点がはっきりしています。ほとんどの施設は夜勤がなく日勤のみというメリットがある反面、給与水準は施設ごとの差が大きい点がデメリットです。他の介護施設の求人とどちらを選ぶかは、これらの利点と欠点を考慮して決めると良いでしょう。

介護施設看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 介護施設看護師求人ランキング All Rights Reserved.