シニア向け分譲マンションの看護師求人

介護施設看護師転職TOP >> 施設別の介護施設の看護師求人 >> シニア向け分譲マンションの看護師求人

シニア向け分譲マンションの看護師求人

シニア向け分譲マンションは介護に関する法的な制約をほとんど受けず、高齢者向けに設計・配慮された分譲マンションのことを言います。不動産業者や民間の介護・福祉関係の業者が中心になって経営しており、一般的な分譲マンションと同様に、購入後は資産となるのが特徴です。通常の介護施設はあくまで入居という形態を取りますが、シニア向け分譲マンションは自由に売却や譲渡が可能で、かつ共同生活も発生しないことから、主に健康な高齢者や、自立可能な高齢者が利用しています。

シニア向け分譲マンションは、オプションとして介護・看護・医療のサービスを受けられるのが特徴です。購入後は好みのサービスを利用できるのが一般的ですが、マンションには介護士や看護師が常駐しており、必要に応じて利用者の部屋まで行き、各種サービスを提供する体制になっています。一部外部委託しているマンションもありますが、介護・医療事業所を併設しているマンションも多く、介護施設と分譲マンションの特徴を併せ持っている場合もあります。

シニア向け分譲マンションの看護師の求人は、マンションに看護師が常駐することから、月に何度か夜勤がある点に注意が必要です。特に24時間体制で運営されているマンションが多く、緊急時に備えて看護師が夜間も常駐していたり、すぐ対応できる体制を整えている場合も珍しくありません。このため、夜勤が可能な方以外は慎重に検討したほうが良いでしょう。

ただし、看護師が日中〜夕方頃まで常勤し、夜間は看護師が常駐するマンションも中にはあります。このようなシニア向け分譲マンションの場合、看護師の勤務時間も日勤となるため、夜勤をしたくない方でも安心して応募できます。マンションを運営する業者により変わりますので、求人を見つけた時は勤務時間・勤務形態を確認してみることをおすすめします。

シニア向け分譲マンションは主に富裕層向けの施設であることから、サービスの利用料も他の介護施設より高めに設定されています。サービス料金が高いため看護師の給与も高水準になっており、年収も他の施設と比較して多めです。24時間看護師が常駐するマンションであれば夜勤手当も支給されますので、更なる年収アップが期待できます。しかし、サービス利用料が高いことは、高水準のサービスを提供していることに繋がります。採用の際には、看護師としての技術はもちろん、経験や実績なども求められる点に注意しましょう。

介護施設看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 介護施設看護師求人ランキング All Rights Reserved.