介護施設の看護師の役割・仕事内容

介護施設看護師転職TOP >> 介護施設の看護師の基礎 >> 介護施設の看護師の役割・仕事内容

介護施設の看護師の役割・仕事内容

介護施設で働く看護師は様々な役割を担っています。介護士とは異なる立場であり、また医療施設とも若干異なっていますので、違いを把握することは非常に重要です。介護施設における一般的な介助(入浴・食事・排泄など)は介護士の役割で、看護師が関わることはほとんどありません。これらは専門的な知識と経験が必要な介護業務とされているため、看護師の役割とは違うためです。

一方で、入所者の体調管理やメディカルチェック、リハビリや医療行為などは看護師の役割となっています。ただし、医療行為は医療施設のものとはやや異なり、薬の投与と管理、排便のコントロールや血糖値のチェックと管理など、簡易的なものがほとんどです。逆にこれらの医療行為に介護士が関わることは無く、全て看護師に任される役割となっています。なお、介護士が医療行為に従事することは禁止されています。

医療施設で働く看護師と介護施設で働く看護師は、仕事内容にも違いが見られます。特に施設の種類によって仕事内容が変わる点には注意しておきましょう。例えば介護老人福祉施設の場合、常勤医師が不在の施設も少なくありません。このため、仕事内容は医療行為が中心となり、その大半を看護師が行うだけでなく、常に看護師の判断が重視されます。他の施設に比べて役割や責任が大きく、投薬・点滴、簡単な検診など、業務は多岐に渡ります。

一方、介護老人保健施設の場合、看護師の仕事内容はリハビリが中心です。医師が常勤しているため、担当医の指示に従うケースが多くなっています。投薬行為や健康管理、その他医療行為などは、医師と看護師が連携して行います。リハビリは、入所者に合わせたリハビリプランに基づいて看護師が実施しますが、医師と相談しながらプランを作成していきます。

そして有料老人ホームなどの特定施設は、看護師の仕事内容も大きく異なります。介護と看護を折半したような内容になり、例えば食事の補助やオムツの交換など、一般的なケアスタッフとほぼ同じ業務を看護師が担うことになります。有料老人ホームなどの場合、医療行為をさほど必要とせず、医師も非常勤が多いことが理由です。

このように、看護師の仕事内容は施設の種類により異なる点に注意しましょう。いずれの施設も医療行為が主な役割となりますが、実際の業務は施設によりけりです。看護師の求人を見かけた際は、施設の種類をチェックし、大まかな仕事内容を想定してから応募すると良いでしょう。

介護施設看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 介護施設看護師求人ランキング All Rights Reserved.