介護施設の看護師の自己PR

介護施設看護師転職TOP >> 介護施設の看護師の基礎 >> 介護施設の看護師の自己PR

介護施設の看護師の自己PR

転職する際、多くの方が悩むのが自己PRです。採用に影響するだけでなく、面接官は自己PRからどんな人なのかを把握し、仕事に対する熱意・やる気を読み取ります。このため、面接官の印象に残るようなPRを書くことが重要ですが、重要性が高いために、どう書いたら良いか悩んでしまう方も少なくはありません。特に介護施設の看護師へ転職する場合、看護の仕事で活かせる強みなどを自己アピールに盛り込む必要があります。

自己PRは、自身の知識や経験、仕事で身に付けたスキルなどをアピールするためのものです。志望動機はその求人を選んだ理由ですので、混同しないように注意しておきましょう。ただし、志望動機に自分の強みを絡め、それを元にPRを書く方法もあります。

まず自己PRを書く上で重要なポイントは、看護師の仕事に対する自身の考えや姿勢を盛り込むことです。どういう姿勢で看護師の仕事に向き合っているかを明確にして、面接官にアピールできるようにしておきましょう。仕事に対しての考え・姿勢を書き、そこで得た経験や学んだことへと繋げる内容がおすすめです。例えば、リハビリの業務を通じて心のケアの重要性を学んだなど、関わった仕事と得たもの・学んだものを具体的に書くことが重要です。

ただし、仕事の姿勢や知識・経験をアピールしただけでは意味がありません。面接官の心に響かず、興味を持たれて終わる可能性があります。自己PRを書く時は更に一歩踏み込まなくてはいけないのです。看護師の仕事に対しての姿勢や過去の経験を、採用後にどう活かせるかを盛り込む必要があります。看護師の経験が豊富な方でも、採用する側がメリットが無ければ面接で落とされてしまうでしょう。

例えば、医療施設での問診・検診業務経験を入所者一人ひとりの健康管理・バイタルチェックに活かせるなど、介護施設で活かせる強みや、メリットになる内容を盛り込みましょう。もし分からなければ自身の強みを箇条書きでピックアップし、介護施設での仕事にどう活かせるかを考えてみるもおすすめです。今までの経験を書き出してみるのも良いでしょう。

自己PRは採用に大きな影響を与えますが、嘘だけは絶対に書いてはいけません。採用で有利になる可能性はありますが、面接官に見抜かれるリスクや、採用後に嘘がバレてしまうリスクが潜んでいます。また、抽象的な表現だと、面接官に自己PRが伝わりにくくなりますので、内容に具体性をもたせるようにしましょう。

介護施設看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 介護施設看護師求人ランキング All Rights Reserved.