介護施設の看護師と資格

介護施設看護師転職TOP >> 介護施設の看護師の基礎 >> 介護施設の看護師と資格

介護施設の看護師と資格

介護施設で看護師として働くためには、最低でも看護師の資格が必要になります。介護施設の現場では、看護師のニーズが高まっており、有資格者が重宝されているのです。しかし、介護のように様々な技術・経験が必要になる施設では、看護師以外の資格が必要になることもあります。このため、介護施設で働くにあたっては、医療・福祉関係の資格が多いほど有利になるケースもあるのです。ただし、看護師が介護施設で働きながら取得できる資格や、一定期間の実務経験があれば取得できる資格もあります。

特に有用とも言える資格が介護支援専門員です。ケアマネージャーとも呼ばれており、看護師の実務経験が5年以上ある方は試験を受験できます。ケアマネージャーは入所者らのケアを目的とする職業ですが、医療や薬に関する知識も求められており、これらの知識を有する看護師がケアマネの資格を取得すれば、幅広い活躍が期待できます。介護施設でも重宝されるほか、面接においても有利になるでしょう。

また、高齢化社会を迎えている日本で、今後活躍が期待されている資格が老年専門看護師です。試験に合格した方のみが得られる資格ですが、看護師の有資格者でかつ一定期間の実務経験が必要など、資格取得のハードルは少々高くなっています。しかし、老年専門看護師は高齢者の健康維持・疾患に関するエキスパートであり、老年専門看護師の資格が専門的な知識や技術を持つことの証明となります。

介護施設では、入所する高齢者の健康維持や管理が大きな問題となっているため、老年専門看護師の有資格者は重宝されているのです。通常の介護士の資格と比べ取得難易度が高いことから、面接で有利になるのはもちろん、実績が給与に反映される可能性もあるなど、様々なメリットが生まれます。受験資格を満たしている方は、老年専門看護師の取得を目指してみると良いでしょう。

介護老人保健施設か特別養護老人ホームで働く場合、第一種衛生管理者の資格も有利になります。これらの施設では、第一種衛生管理者を最低一人置くことが義務付けられており、有資格者は重宝されているのです。特に看護師の場合は、衛生管理の知識を有している方が多いため、資格の取得も比較的容易と言えるでしょう。ただし、転職する上で必須ではありませんので、取得するかどうかは慎重に判断する必要があります。特別養護老人ホームなどの面接を受ける際は有利になりますが、施設によって重要度が変わるため、働く施設の種類次第と言えます。

介護施設看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 介護施設看護師求人ランキング All Rights Reserved.