介護施設の看護師の夜勤

介護施設看護師転職TOP >> 介護施設の看護師の基礎 >> 介護施設の看護師の夜勤

介護施設の看護師の夜勤

病院などの医療施設で働く看護師は、入院患者や急患に対応できるよう何人か常駐しており、そこで働く看護師は月に何度か夜勤が発生します。病院で働く看護師にとって夜勤は一般的ですが、介護施設へ転職した場合も夜勤が発生するのでしょうか。実は介護施設によって異なる場合があるため、前もって確認しておいたほうが良いのです。

介護施設は24時間体制で運営されているのが一般的です。入所者は施設で暮らしていますので、何か起こったときのために、一定数の介護士やスタッフが夜勤を行い、24時間対応できるようにしています。しかし、看護師の場合は少々事情が異なり、夜勤が発生する施設とそうでない施設があるのです。夜勤手当の有無に影響し、収入も変わりますので、夜勤を希望するかどうかで求人を選ぶことになるでしょう。

看護師の夜勤が発生する介護施設は、主に介護老人保健施設です。同施設は医療施設としての側面も併せ持っており、医療保険が適用されることから、医師や看護師の常駐が必要になっています。このため夜間は医師・看護師が数名ほど夜勤を行い、必要に応じて入所者のケアやサポートを行います。月に何度かは夜勤が発生しますので、夜勤手当の分だけ収入が増加します。

また、有料老人ホームも夜勤が発生することがあります。24時間体制で運営されている場合があるため、夜勤が必要な施設も少なくないのです。介護士と一緒に夜勤を行い、介護老人保健施設と同様に入所者のケアなどにあたります。ただし、有料老人ホームは全ての施設が該当するのではなく、中には日勤のみの場合もあります。施設ごとに体制が異なるため、求人応募の際は確認が必要になるでしょう。

一方で夜勤が発生しない介護施設もあります。例えば特別養護老人ホームやデイサービスが代表例で、いずれの施設も日勤が一般的です。しかし、特別養護老人ホームはオンコール体制を採用している施設も多く、夜間に看護師から呼び出される可能性もあります。デイサービスは日勤のみですが、看護師を採用していない施設もありますので注意しましょう。

看護師は働く介護施設によって夜勤の有無が決まります。もし夜勤を希望するなら介護老人保健施設や有料老人ホームを、希望しない方は特別養護老人ホームやデイサービスを選ぶと良いでしょう。ただ、日勤のみを募集している介護老人保健施設もありますので、勤務時間や勤務形態を確認してから応募することをおすすめします。

介護施設看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 介護施設看護師求人ランキング All Rights Reserved.