介護施設の看護師の志望動機

介護施設看護師転職TOP >> 介護施設の看護師の基礎 >> 介護施設の看護師の志望動機

介護施設の看護師の志望動機

介護施設の看護師へ転職する際、面接での合否を決めるのが志望動機です。当然ながら今までのスキルや経験も重要な要素となりますが、たとえ知識・経験に優れたからでも、曖昧な志望動機のまま面接を受けると不採用になる可能性があります。看護師に転職する時は志望動機をはっきりさせることが重要です。しかし、どのような志望動機が良いのでしょうか。

まず志望動機を決める際には、どうして介護施設を希望したのかという理由を考えてみましょう。看護師の求人は介護施設に限らず、他にも病院など様々な選択肢があります。このような条件の中で、なぜ介護施設を選ぶのでしょうか。特に関係がないように見えますが、志望動機を決める上では非常に重要なのです。医療施設とは仕事内容・職場環境も全く異なるため、なぜ介護施設の求人を選んだのか、その理由を考えておきましょう。

以上を踏まえた上で、なぜその求人を選んだのかを志望動機に盛り込みましょう。基本とも言えますが、他の求人ではなく、その求人に応募した動機を決めることが大切です。ただし、家から近いから、給与が良いからなどの理由は避けましょう。面接官にネガティブな印象を与えかねず、やる気があるのか疑問を持たれる可能性もあります。その求人を選んだ理由としては、職場の理念に共感した、自身の経験を活かせると思ったなど、プラスになる志望動機が望ましいと言えます。

採用後のメリットをアピールできるような志望動機も良いでしょう。面接官が採用の可否を決める時は、施設によって有益かどうか、という点を重視しています。このため、職場で活躍が期待できる内容の志望動機であれば、採用される確率もぐっと高まるのです。例えば過去の看護師の経験を活かし、○○のために役立てると思ったから、自身の○○を活かせると感じたからなど、具体例を志望動機に盛り込むと良いでしょう。逆に抽象的な表現では、面接官の心に響かず、採用される確率は低くなってしまいます。

いずれにせよ、面接官に採用したい、働いてもらいたいと思わせる志望動機が重要です。志望動機は人によって異なりますが、なぜ介護施設なのかを明確にし、応募した理由をしっかり決めましょう。介護施設の看護師は、ただ知識やスキル、経験があるだけでは合格できません。通常の企業と同様に、明確な志望動機がなければいけないのです。面接官の印象に残り、かつ採用したいと感じさせる志望動機を考えてみましょう。

介護施設看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 介護施設看護師求人ランキング All Rights Reserved.