介護施設の看護師と年齢制限

介護施設看護師転職TOP >> 介護施設の看護師の基礎 >> 介護施設の看護師と年齢制限

介護施設の看護師と年齢制限

転職をする際に大きなハンデともなりうるのが年齢です。一般的に転職適齢期は20代〜30代と言われており、40代を境目に転職の難易度が上がってしまいます。このため、できるだけ早く転職したほうが有利と言えますが、介護施設の看護師に関しては年齢の影響をほとんど受けません。何故なら、介護施設の看護師は人手不足になっており、常に人材を欲しがっているからです。40代・50代の方はもちろん、中には60代の方が介護施設の看護師として働いています。

医療施設の場合、一般的な転職と同様に年齢が影響してしまうことも珍しくありません。特に大規模病院など看護師が十分足りているような現場では、なるべく若い方を採用するようにしていたり、離職者が出ても運営に支障が出ることが少ないのです。運良く求人を見つけても、募集年齢が設定されていることもあります。即戦力を求めている医療施設もありますが、夜勤を考慮して若くて体力がある方を優先的に採用しているケースも考えられます。また、ハードワークで夜勤も多い急性期病院も年齢が影響します。こうした影響から、医療施設に関しては年齢を考慮しなくてはいけないのです。

しかし介護施設に関しては状況が異なります。介護施設は入所者・利用者も高齢者がほとんどですが、そこで働く介護士や看護師、他のスタッフも40代〜60代が大半の施設もあるのです。20代・30代の方はもちろんのこと、40代以上の方でも、介護施設なら転職は難しくないと言えるでしょう。施設によっては医療行為も少なくなり、看護業務に専念できますので、医療施設と比べて年齢・体力を気にせず働けるのがメリットです。介護施設は年齢制限が事実上存在しないと言えるでしょう。

ただし、看護師が不足している介護施設も中にはあるため、ハードワークには注意が必要です。看護師が少ない施設の場合、看護師一人あたりにかかる負担も増えることから、こなす仕事の量も増加します。体力が求められる仕事もありますので、転職する際は施設の種類や仕事内容をチェックする必要があります。

年齢を気にせず働けることが介護施設の魅力ですが、ハードワークで体を壊すリスクもありますので、年齢制限が無いからと言っても安心はできません。体力に自信がある方は問題ありませんが、不安がある方は夜勤が無い介護施設や、デイサービスなどを検討してみると良いでしょう。応募前には、施設に在籍する看護師の平均年齢を聞いてみるのもおすすめです。

介護施設看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 介護施設看護師求人ランキング All Rights Reserved.